抗精神病剤の中でも比較的に聞き覚えのある薬として「抗うつ剤」があるかと思います。現代においては、取り入れて精神的に安定できる環境をつくっているという方も多いようです。今回は、そんな抗うつ剤の代表的な薬剤やどのような疾患に使用されるものなのかという点について考えていきましょう。

■具体的な疾病について
主としてうつ秒・パニック障害・社交性不安障害・全般性不安障害・強迫性障害・PTSDなどの治療に使われています。代表的な抗うつ剤の薬剤としては「三環系抗うつ剤」「四環系抗うつ剤」「SSRI」「SNRI」「NsSSA」などになります。

■抗うつ剤の副作用とは
三環系抗うつ剤など、古くから取り入れられているものほどその副作用が強いともいわれています。SSRI・SNRi・NaSSAは比較的に新しい薬であり「新規抗うつ剤」とも呼ばれています。ですから、副作用という点においても比較的に軽く、安全性も高いということで、あらゆるケースに使用されているのです。

また、はじめて向精神薬を服用する場合などにももちいられています。

■抗うつ剤の作用について
作用の仕方ですが、脳の「モノアミン」という物質を増やす働きがあります。モノアミンとは、神経伝達物質のことで、気分に影響を与えるものなのです。このことによって、精神的な落ち込みを改善したりという効果が期待できます。

■抗うつ剤について知ること
服用されているという方も、まずはその知識を深めたいという方も、抗精神薬の仲でも代表的なものである抗うつ剤について知っておくというのもよいのではないでしょうか。医師の指導・指示に基づいて服用することで安心して取り入れていただくこともできるかと思います。